• ホーム
  • まつげとソイエと雑誌のエッグ

まつげとソイエと雑誌のエッグ

まつげメイクも半端ないのが、ギャル系の女性雑誌のモデルのメイクでしょう。
19年という歴史に幕を下ろした、元祖ギャル雑誌エッグなどは、盛ったまつ毛メイクが派手さを極めていました。
エッグは既に休刊になっていますが、ガングロやヘソ出しルック、コギャルなど、ギャル系のファッションに、大きな影響を与え続けてきました。
そんなエッグで活躍していたモデルたちも、派手さを残すアイメイクをしている人もいれば、すっかりナチュラルなメイクへと移行した人もいます。

今は懐かしいエッグは、1995年に創刊し、10代から20代の若い女性がターゲットで、渋谷にいる逆がメインとなっていました。
メイクは全てギャル仕様で、まつげもバサバサで目元も華やかレベルが高いものでした。
素人のモデルを積極的に採用していて、読者モデルで人気を集めた女性も大勢います。
休刊となった現在でも、そのモデルはほかの雑誌モデルをしていたり、芸能界へ進んだりと、それぞれの道を歩んでいます。

まつげをキレイに見せるためには、メイクで派手にするだけでなく、ムダ毛処理も必要です。
家庭用脱毛器のソイエなら、自宅にいながら簡単にムダ毛処理もできます。
まつげはキレイにメイクしていても、ムダ毛だらけでは。
魅力的には見えません。
ソイエなら、自宅で自分のスケジュールに合わせて、ムダ毛の処理ができます。

脱毛器のソイエも年々進化を遂げています。
潤いを満たしながら、バスタイムにも使える、泡脱毛も可能なタイプもあります。
泡の力を借りて、根元からソフトに抜いていくため、肌へのダメージも少なめです。
ムダ毛だけではなく、角質のケアまでできるため、肌もなめらかになっていくのです。
音波スクラブヘッド付きのタイプなら、ひじやひざの角質ケアまで可能です。

関連記事